世田谷デイハウス イデア

中浜崇之

PROFILE

私たちが実現したいのは、特別なデイサービスではありません。むしろデイサービスの原点に立ち返った、あたりまえのことの喜びを感じていただくための場所であり続けることを目指しています。在宅で生き抜くということ、それも活かされて生きるのではなく、主体的に生き抜くためには、ご利用者ご本人のできること、やりたいことが実現できる環境が必要です。
イデアでの暮らしを通して、できることの喜びや自信、ご自身の役割やそこにいる意味を感じていただければと思います。


3 MINUTES STORY

2025年に不足する介護職員は100万人 この業界が抱える問題を、 一つの想いで向き合う。

世間一般的にニュースなどの影響で介護に対するイメージが悪いですよね。
でも自分には全然関係ないと思っていても、もしかしたら明日自分の父親、母親が、夫や妻が要介護状態になる可能性だってあります。
しかし多くの人たちがその時になるまで、介護に関わりがありません。
介護に対する意識が少ない人たちが多いと思います。

介護は突然やってきます。
その時にどうしたらいいのかわからない方がほとんどではないでしょうか。

私は月に数回介護ラボしゅうというものを立ち上げて、介護に携っている人、介護に関心がある人、福祉・医療関係者を地域や会社・立場などを越えて集まり、話し合う場をつくり情報交換や助け合いができる場を運営しています。
今日で56回目になります。
介護の現場で働く方もいますし、そうではない方もいます。
ここでは介護の現場で必要なことなどみんなが意見を出し合って勉強しています。

僕には忘れることのできない経験があります。
介護の現場で働き始めてまだ間もない頃でした。
担当していた方が〝外に出たい〟〝散歩に行きたい〟と言っていたのに、忙しいを理由にまた今度行きましょうねと言って、それを後回しにしてたんです。
そうしてるうちに亡くなってしまったんです。
亡くなった悲しさよりも、なんで散歩に連れて行ってあげなかったんだろうという後悔がすごく強くて、もう二度とこんな後悔はしたくないと思ったんです。

この仕事をやっていて楽しみの一つは利用者の方々の笑顔を見ることですね。
施設などに入所されている方だと、人生の楽しみってすごく限られてくると思うんです。
僕より圧倒的に残りの人生が短いかもしれない。
残りの人生、あー楽しかったなーと思ってもらえるように、その方の人生の楽しみをどうクリエイトしていくか。

介護という仕事は、クリエイティブな仕事だと思っています。

一覧へ戻る

STORY

動画一覧

動画をもっと見る

3分物語について

What’s “3 minutes story”

あなたの”想い”を、3分間の映像で
最大限に紡ぎだします。

サービスについて詳しく見る

CONCEPT

Our Pholosophy

株式会社想いをカタチに が、
3分物語に込めた想いを
ご紹介いたします。

詳しく見る

ABOUT OF
PROJECT

What’s “3 minutes story”

3分物語はお客様を密着取材し、
様々な場面の映像、
写真を組み合わせて
あなたの”想い”を伝えます。

詳しく見る




たった一つの“想い”を、見る人の心に届けます。
あなたの“想い”をお聞かせください。

CONTACT