株式会社Eishin

安永知恵

PROFILE

株式会社Eishin代表取締役社長。
東京デザイナー学院卒。1988年4月ドレミ楽譜出版社入社。2006年12月LINCを設立し、社長就任。09年12月映心設立に参画。11年12月同社社長に就任。48歳。東京都出身。


3 MINUTES STORY

果たせなかった父との約束。会社経営していく大切さを背中で教えてくれた。

会社経営の厳しさを、亡き父から学んだ。

父が倒れたと連絡があって、すぐに病院に駆けつけたんです。
すると父が私を見て、マスクを外したんですよね。
そして、お前も来たのか?お父さんは大丈夫だよって言ったんです。
要は、お前は経営者だろ?仕事を優先しなさいと言われんです。
それが父との最後の言葉です。

父は音楽が大好きだったんです。
26歳で起業して、若い頃から自分でやりたいことを見つけて仲間と実現したんです。
私も父と同じように会社を経営することで、認めてもらえるんじゃないかっていう気持ちが心のどこかにあったと思います。

今私は株式会社Eishinという会社を経営しています。
地球環境に特化したエコ商材のメーカです。
起業前よく父に相談してました。
何回も何回もいろんなアイディアを持って行って、中々首を縦に振ってくれませんでしたね。
でも2年かかりましたけど、父が出資してくれることになって起業することができました。

父は肺の難病で、できるだけ早く親孝行をしてあげたいと思ったんです。
それには会社の業績を上げて父が生きてる間に、すごいなって思って欲しいなって。
それが父への恩返しでもあると思ったんです。

でも父が退院してから1年と少し経って他界してしまうとは、その時は思っていませんでした。
生きてる間に、それを父に見せたいと思っていました。

経営というのは生半可な気持ちではできないですよね。今は特に思っています。
社長の仕事の一つに資金繰りがありますがこれは一番大変ですね。
本当は支払いたいんだけど、払えない時とか。
そういったときは胃がキリキリ痛くなります。

父は会社の人を大事にする人だったので、家族を犠牲にしてしまうような所もありました。
でも、関わってる会社の人たちも家族なんですよね。
そういったことは、父から学びましたよね。

私が大切にしていることは、やり続けることだと思います。
やり続けることの大切さを父が背中で見せてくれたんです。
父だったら音楽に特化した楽譜でした。
私は地球環境です。
今当社ではエコスプレーという商品を開発して販売しています。
全て自然素材でできた液体で、車のエアフィルターに吹きかけると、燃焼効率が上がります。
そうすると、排気ガスの削減、燃費が上がったりと環境にとってとても良いことなんです。
私はこの商品で、早く地球の空気を綺麗にしたいと思っています。
そして、父に会社がこんなに大きくなったよと報告できるぐらいまで、会社を大きくしていきたいと思っています。

一覧へ戻る

STORY

動画一覧

動画をもっと見る

3分物語について

What’s “3 minutes story”

あなたの”想い”を、3分間の映像で
最大限に紡ぎだします。

サービスについて詳しく見る

CONCEPT

Our Pholosophy

株式会社想いをカタチに が、
3分物語に込めた想いを
ご紹介いたします。

詳しく見る

ABOUT OF
PROJECT

What’s “3 minutes story”

3分物語はお客様を密着取材し、
様々な場面の映像、
写真を組み合わせて
あなたの”想い”を伝えます。

詳しく見る




たった一つの“想い”を、見る人の心に届けます。
あなたの“想い”をお聞かせください。

CONTACT