株式会社 シーボン

金子 靖代

PROFILE

1984年シーボン.札幌支社へ入社。美容社員として配属。翌年、東京本社へ異動し、ネイルサロンに勤務。ネイリストとして活躍後、美容部教育担当となる。1989年化粧品開発を希望し企画室を立ち上げ、現在の主力製品「フェイシャリスト」シリーズの開発に携わる。その後、取締役に抜擢され管理部を担当。2002年に専務取締役、2004年に取締役副社長を経て、2005年に代表取締役社長に就任。2009年にはジャスダック上場、東証2部を経て、2013年に東証1部に上場。


3 MINUTES STORY

女性が輝くために、化粧品は存在する!私たちは働く女性を応援していきます。

会社を経営していくということは、利益が出せなければただの趣味という事になりますよね。
小さい会社を起こしたとしても従業員がいれば、給料をきちんとお支払いしないといけないので、そこは覚悟しておかないとビジネスにはならないと思います。
シーボンに入れば自分たちが活躍できるという視点で選んで頂けるような会社を目指しています。

私は札幌店で入社しました。
お手入れなどアフターケアをさせて頂く仕事や化粧品の販売をしてました。

社長になって振り返って考えると副社長が一番よかったと思います。
社長は別物ですよね、責任も重いですし、プラス思考だけではできないので、マイナス面のリスクを考えて物事を決断しないといけないからいろいろ考えますよね。
うまくいかなかったらどうなるとか。
会社を守る責任があるので。

東日本大震災の時に思ったことがあります。
水や食料品等とは違って化粧品って命に関わるものではないですよね。
そういう状況に追い込まれているときに、誰が化粧品のことを考えるんだろうって思ったときがあったんですよね。

でも来て少しでも気持ちが楽になってくれればいいなという思いで、お店はなるべく早くオープンしたんですね。
お客様が来る来ないに関わらず、一日ひとりでもいいからと。

そしたらお客様から〝オープンするの待っていたのよ〟と言って頂いて、元気をもらって帰れると言って下さった時に、ほんとによかったなと思いました。
ただ美顔マッサージをしたり、化粧品を販売することだけではなく、お客様の人生に関わらせて頂いて、その人生が輝いていくお手伝いをさせて頂いてるんだと改めて感じさせられました。

私は女性の方々にキャリアアップしていく事がとても意味があるとお伝えしてます。
自分が経営者になってみて、仕事量も多いし大変なんですけど面白みがありますよね。
チャンスがあれば経営する事をおすすめしてます。
多くの方々が活躍されて、素晴らしい女性が活躍する社会を作れるように私も頑張っていきたいと思います。

一覧へ戻る

STORY

動画一覧

動画をもっと見る

3分物語について

What’s “3 minutes story”

あなたの”想い”を、3分間の映像で
最大限に紡ぎだします。

サービスについて詳しく見る

CONCEPT

Our Pholosophy

株式会社想いをカタチに が、
3分物語に込めた想いを
ご紹介いたします。

詳しく見る

ABOUT OF
PROJECT

What’s “3 minutes story”

3分物語はお客様を密着取材し、
様々な場面の映像、
写真を組み合わせて
あなたの”想い”を伝えます。

詳しく見る




たった一つの“想い”を、見る人の心に届けます。
あなたの“想い”をお聞かせください。

CONTACT