特定非営利活動法人シェイクハートプロジェクト

白井 長興

PROFILE

NPO法人 介護支援ピッケルニ 入社
・訪問介護事業所で障害当事者の相談対応、従業員教育、請求・決算業務などに従事
2006年8月 株式会社 ジャパンヒューマンネットワーク 入社
・関連会社の訪問介護事業所へ出向し、管理者として従事(従業員80名、年商2億円)
2014年6月 バークレイズ証券 株式会社 入社
・IT本部で各部長の業務をサポートし、ダイバーシティ推進委員としても従事
2016年1月 NPO法人 シェイクハートプロジェクト 設立
・代表理事として法人の設立から運営に関わる書類の作成及び運営にかけて全てに携わっている。


3 MINUTES STORY

夢は障害者と健常者、 皆で夢を叶え合うバディを5000組つくること。

約800万人の障害者を笑顔に変えるべく活動をしております、シェイクハートプロジェクトの白井です。
私どもは障害者、健常者みんなで夢を叶え合おうというプロジェクトを昨年からスタートさせました。
障害者やLGBTの方、なかなか夢を叶えたいと思ってもそれを言いにくい。
そういった問題変えるために活動をしています。

私は健常者として生まれましたが、事故で車椅子生活になりました。
この怪我をおったときには本当に落ちこみましたし、何度も死のうって思いました。
その時には夢とか語ってられなかったですよね。

私自身健康だった頃の夢は料理人になることです。
実家は65年続く老舗の鰻屋の息子でした。
料理人になるんだろうな、お店を継ぐんだろうなってずっと思っていました。
だけど歩くことができない身体になって、やりたいこと全部諦めないといけなくなった。
そうゆうことで私自身、何度も何度も入院中も入院終わってからも、何度も死のうと思いました。

でも正直そのままじゃ駄目だって思ったんです。
生きている意味がないじゃん、このままじゃって。

生きている意味、居場所であったりとか存在であったりとか、人間は考えていく時間がとても大切だと思うんです。
今の自分の役割が何なのか、そういったものを見定めていくためにも、今自分が何に興味があるのか、その興味があることをいかに努力して続けて成し遂げるかもしれない。
成し遂げた先にはそれが仕事になっているかもしれない。
夢を叶えるということは自分自身のためにもありますし、私が思うのは他の人の夢を叶えることも大事だと思っているんですね。
シェイクハートプロジェクトでは、私たちが手伝う夢もあれば、参加者同士で叶え合う夢もあります。
色んなきっかけを作る場、環境を作る場を私たちは大切にして活動していきたいと思っています。

一覧へ戻る

STORY

動画一覧

動画をもっと見る

3分物語について

What’s “3 minutes story”

あなたの”想い”を、3分間の映像で
最大限に紡ぎだします。

サービスについて詳しく見る

CONCEPT

Our Pholosophy

株式会社想いをカタチに が、
3分物語に込めた想いを
ご紹介いたします。

詳しく見る

ABOUT OF
PROJECT

What’s “3 minutes story”

3分物語はお客様を密着取材し、
様々な場面の映像、
写真を組み合わせて
あなたの”想い”を伝えます。

詳しく見る




たった一つの“想い”を、見る人の心に届けます。
あなたの“想い”をお聞かせください。

CONTACT