株式会社キャリアマム

堤 香苗

PROFILE

株式会社 キャリア・マム 代表取締役。
1964年、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部・演劇専攻卒業。 大学時代よりテレビ、ラジオのパーソナリティー等をつとめ、フリーアナウンサーとして活躍。
結婚、出産後、子育ての経験を生かした仕事を志し、1995年4月、育児サークルPAO(キャリア・マムの前身)を設立。その後、ママの社会参加の機会を積極的に創出する活動母体として、「ママの元気と笑顔」を合言葉に、『キャリア・マム』を設立。
現在、コーディネーターとして、主婦や育児中の女性、起業を目指す人へのアドバイスや、「女性の起業」「在宅ワーク」「ITビジネス」等のテーマで講演も行う。
2007年1月「おしゃべり力?主婦のホンネが常識を変える!?」、5月「ヒット商品はこうしてできる!売れるマーケティングのしかけ」を出版。
2012年度、東京都より「ワークライフバランス認定企業」に選ばれる。


3 MINUTES STORY

働きたい女性を応援すること。それが私たちキャリアマムの使命!

10分の1人前ずつ10人合わせて一人前の仕事をする。
キャリアマムはチーム型の請負事業、在宅でできるような事業をしています。
子育てや介護をしていても、自体でパソコンを使って、お仕事ができる、こういうスタイルの会社をずっと20年間続けて来ました。

29歳の時に長男を出産しました。
子供が小さいと外に働きに出るのって難しいじゃないですか、周りに働く事を諦めてるお母さんたち多かったんですね。
でも別に子供を産んだだけで、みんなが子供だけ向き合って社会と関わることを閉ざしてしまうのはすごくもったいないなと思ったんです。

私自身も子供ができたことによって考え方が変わってきました。
子供ができたらこの子達にどんな社会を、バトンを渡して行こうかと初めて思うようになったんです。
子供たちが幸せな未来になるといいなというふうに思いました。
でも、自分の幸せを子供に押し付けてはいけないと思うし、母親がこれ無理、できないとか言ってたら未来を変えていこうと思う子供に対して、子供も無理っていうと思うんです。
子供が自分の未来を無理だできないと言い始めたら、この国どんどん小さくなるじゃないですか。
だからこそ母親が頑張って、子供に背中を見せていく必要もあると思います。

最近は起業をしたいという人たちが増えてきてますが、起業は決して難しくありません。
とてもダイナミックでやりがいがあります。
でも、問題なのは、続けていくことなんですね。

起業じゃなくても小さな仕事でも自分がやって、やったことに対してお金がもらえるとなんか嬉しいし自信にもなるし、働くことで社会とつながる姿勢を子供に見せて欲しいとも思っています。

お母さんは100点なのかっていったらそうじゃないですよね。
人間的に穴だったあります。
でも、できるかできないかなんてどうでもいいんです。
やるかやらないか。やってみようと思って動くか動かないかだと思うので、そういう風に変わって欲しいなって思います。

とにかく私たちは働きたい女性を全力でサポートしていきたいと思っています。

一覧へ戻る

STORY

動画一覧

動画をもっと見る

3分物語について

What’s “3 minutes story”

あなたの”想い”を、3分間の映像で
最大限に紡ぎだします。

サービスについて詳しく見る

CONCEPT

Our Pholosophy

株式会社想いをカタチに が、
3分物語に込めた想いを
ご紹介いたします。

詳しく見る

ABOUT OF
PROJECT

What’s “3 minutes story”

3分物語はお客様を密着取材し、
様々な場面の映像、
写真を組み合わせて
あなたの”想い”を伝えます。

詳しく見る




たった一つの“想い”を、見る人の心に届けます。
あなたの“想い”をお聞かせください。

CONTACT